ハウス・住設

その他

“古くて美しい”/戸建て分譲に塗り壁など採用

 新しさの中に味わいのある古さと美しさを―ポラスグループ(越谷市、中内俊三代表)は、分譲住宅の個性化の需要を受け、新築住宅であっても真新しいだけでなく、新しさの中に年代を経過した美しさを醸し出す内外装仕上げ「古美仕上げ」を採用する。販売価格は一般に比べやや高くなるが、厳しさを増す市場の中での差別化を図る。\n\n■ポラスグループ/「古美仕上げ」\n ポラスグループが「古美仕上げ」を開発したのは19 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日