行政

その他

適切な維持管理中古価格に反映、国交省戸建ての建物評価指針、リフォームで価値向上も

 国土交通省は、中古戸建ての建物評価に関する指針を近くまとめる。メンテナンスやリフォームを適切に実施すれば、建物の価値(耐用年数)が回復するという考え方を示す。住まいの維持・修繕に一定のインセンティブを与えることで、玉石混交と言われる中古住宅市場の質向上を促すのが狙いだ。来年度は、不動産流通近代化センターが発行する「既存住宅価格査定マニュアル」にも指針の考え方を反映し、住宅査定など実務レベルでの定 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日