開発

その他

建て替えへ「一括売却」評価、有識者ら基準など課題も指摘、円滑化改正案

 今国会に提出された「マンション建替え円滑化法改正案」について26日、旭化成不動産レジデンスのマンション建替え研究所が都内で開いた有識者らを交えた懇談会では、新設制度をめぐって評価や課題点など意見が相次いだ。  区分所有権解消と容積率緩和の二つの制度を柱に盛り込まれた同法案。明治学院大学大学院の戎えびす正晴教授は、特別多数決(5分の4)によって一括売却決議できる点を評価した。また、行政の認可後に借 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日