不動産流通・売買・仲介

特集

【住宅・不動産市場2004年上期の展望と課題】不動産流通/好業績は続くか/法人仲介も好調を堅持

 03年の不動産流通市場は、市場全体の流通量増加などから好調に推移した。大手流通各社では上半期、前年同期比でかなり大幅に業績を伸ばした。また、供給増の傾向は、都市部以外の神奈川・埼玉・千葉の3県でも現れてきており、都市部の活況が周辺地域へ良い影響を与え始めたといえる。大きく環境を変えるような要因は見当たらず、この傾向は続くと思われる。来年も中古市場は期待が持てそうだ。\n\n■市場環境は◎\n   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日