行政

その他

「国土のグランドデザイン」3月末に公表、国交省

 国土交通省は、2050年を見据えた新たな「国土のグランドデザイン」を3月末に取りまとめる。急激な人口減少と少子高齢化、グローバリゼーションの進展といった国内外の状況を踏まえ、持続可能な国土のあり方を示す。  18日の有識者懇談会で明らかになった骨子では、基本戦略として「コンパクトな拠点とネットワークの構築」「移動と交流の推進」「地政学的変化にも対応した災害に強い国土へのリノベーション」などを掲げ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月24日