ハウス・住設

その他

戸建受注2桁減続く、大手住宅、2月も苦戦

 大手住宅メーカー9社の2月戸建て受注は、ヤマダ・エスバイエルホームを除く8社が前年同月比2桁減少した。昨年10月以降の消費増税駆け込み反動が続いている。年明けから展示場来場数は回復しているが商談が長期化しており、受注回復は住宅ローン減税拡充適用の4月以降になりそうだ。  積水ハウスはマンションが97%増と大きく伸びた以外は、分譲住宅22%減や低層賃貸8%減、リフォーム6%減などすべて減った。全体 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月24日