行政, 団体

その他

2014年地価公示、市場回復鮮やかに

 国土交通省は18日、2014年1月1日時点の公示地価を発表した。全国の地価変動率は6年連続で下落したものの、3大都市圏では住宅地・商業地とも6年ぶり上昇に転じた。政府の積極的な景気対策で活発化した不動産投資意欲が地価を押し上げた格好だ。 ■三大都市圏6年ぶり上昇、景気回復への期待反映  全国の地価変動率は、住宅地が前年比0.6%下落、商業地が0.5%の下落だった。下落は6年連続だが、下落率は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月24日