開発

その他

【木材利用】文化 企業・ひと都心で木造建築続々、防火地域に5階併用など、技術進歩と支援制度が後押し

 低炭素社会実現や国内林業育成のため、国は「木材利用ポイント」など木材を多用した建築物の普及支援に力を入れる。企業も耐火集成材や耐火外壁を開発して、これまで建てることが難しかった都心部の防火地域や準防火地域でも賃貸併用住宅や店舗などの建設を進めている。  防火地域での木造建築は04年に日本ツーバイフォー建築協会が大臣認定を取得して、主に専用住宅の建て替えに利用された。店舗なども可能だったが、供給側 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日