その他

連載

先端を読む(336)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、嘘を感じさせないシアター映像、鹿島ほか「勝どきザ・タワー」、高揚感持続へ見せ方の工夫も

 日本人にとって、最も嫌な罪は「嘘」ではないか。このところ作曲家や科学者の「嘘」が暴かれ、ヒステリックに報道されていることをみて、つくづくそう思う。振り返ってみると、ロス疑惑のときも、オウム真理教のときも「こんなに嘘をついていた」ことに多くの人が怒りを覚えた。  外交においても、日常生活においても「嘘」をなによりも嫌い、誠実さを好むのが、日本人の国民性かもしれない。  そんなことを改めて感じたのは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日