その他

その他

さとうベネック/シニア主婦の声をプランに

 さとうベネック(佐藤恭司社長)が、東京町田市在住の50~60歳代の主婦7名を募り、結成した「アクティブシニア会議」と共に検討してきた「アクティブなシニアのための暮らしの舞台」と題したプランニングがこのほど完成。「夫婦がお互いの“個”を尊重する住まい」と「“お役立ちの心”が生きる住まい」の2タイプで、その概要が、同会議の主婦7名により発表された。(中川 基晴記者)\n\n■“個”を尊重する住まい/ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日