団体

その他

ネット広告違反事例を発表、首都圏公取保証料不記載など

 首都圏不動産公正取引協議会はこのほど、インターネット広告に関する違反事例を発表した。  A社は広告時点で物件に関する資料を持っておらず、顧客を案内できないためおとり広告と認定した。保証会社と賃貸保証委託契約を要する旨とその金額不記載もあり、取引条件の不当表示とされた。  B社のおとり広告は7物件の広告で、いずれも新規の情報登録後契約済みとなったが、以降更新を繰り返すなどして1カ月から5カ月半以上 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日