その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾(13)、法人活用の節税対策所得分散、給与控除も

 家主や地主が納めるべき消費税は、借家人等より預かった消費税から業者等に支払った消費税を差し引いて計算される。建物の建築等で多額の消費税を支払い、預かった消費税の額を超える場合には、消費税の還付を受けることができる。 (例)駐車場用地を用途変更し、コンビニ建物を建築(消費税は5%で計算) 駐車場収入   420万円(うち消費税20万円…(1)) 建物建築費  4,200万円(うち消費税200万円… ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日