その他

連載

社長の素顔(22)/プラチナエステックス・村石 靖彦(38)/粘り強さの源は中国拳法/大学1年で会社を設立/顧客満足を生む「発想」

 「気が短い半面、粘り強い」―外資系不動産ファンドの動向調査やデューデリジェンス業務を手掛ける村石靖彦社長は、小学時代から中国拳法法を学んだ。これが粘り強さを生んだ。趣味も多彩。クラシックバレエの鑑賞もその一つ。「バレリーナの動きは拳法に通じる部分がある」という村井氏の素顔を見てみる。(菊池宏記者)\n 「気は短い方ですね。仕事上でいえば、外では協調性がある半面、内に対しては厳しい。自分自身では、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日