団体

その他

不動協、税率10%で軽減税率要望、14年度事業計画を策定

 不動産協会(木村惠司理事長)は13日の理事会で14年度の事業計画を決めた。  「アベノミクス効果(安倍政権の経済政策)で景気は緩やかに回復に向かっている。ただ、内需主導経済の実行ができなければ景気回復の持続は難しく今年が正念場になる」(木村理事長)として、事業用資産買い替え特例の延長、住宅取得資金贈与特例の延長・拡充など税制要望活動に力を入れる。  また、政府が消費税率10%への引き上げを決めた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日