行政

その他

金融機関の新規融資、12年度は3年連続増、国交省

 国土交通省は14日、全国の金融機関が2012年度に新たに貸し出した民間住宅ローンの実態調査を発表した。住宅ローン、アパートローンともに3年連続で前年を上回り、リーマンショック後の景気後退から資金需要が着実に回復していることがわかった。  住宅ローンの新規貸出額は、前年度比5.6%増の16兆3150億円だった。貸出先内訳は、都銀・信託銀行が33.8%で最も多く、次いで地銀30.9%、信金10.2% ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日