開発

その他

駅遠立地、サ高住に、都内の1000坪相続対策で活用

 不動産相続対策が注目を浴びるなか、好立地とは言えない土地の有効利用に頭を悩ます地主は多い。一般的に土地の一部を売却して都心部のマンションに組み替えて相続は評価額を下げたり、相続対象の土地に収益物件を建て大家業を営む方法を採る。だが、駅から遠い1000坪の対応に悩んでいた東京・葛飾の地主は、地域社会に役立ちながら相続対策ができる道としてサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を選んだ。  JR新小岩駅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月17日