開発

その他

物流不動産物件価格過熱感に一服、賃料上昇は初の5割超

 物流不動産専門の調査会社、一五不動産情報サービス(曽田貫一社長)が不動産専門家を対象に1月に実施したアンケート調査によると、前回7月調査で過去最高の82%に増えた物流不動産価格の「上昇」見通し割合が69%に減少した。  09年7月から増加が続いていた上昇見通しが減るのは5年ぶり。物流不動産の価格に過熱感があり、一部に高値警戒感が出た。ただ、「下落」見通しは2%にとどまり、これまでの上昇局面は踊り ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日