その他

連載

先端を読む(335)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、実需に対応した全1LDKマンション、住友不動産「セントラルプレイス南大塚」、ワイドスパン設計、先進の設備

 住友不動産のセントラルプレイス南大塚は、山手線の内側に位置する全35戸のマンションだ。  分譲される33戸はすべて1LDK住戸……となると、投資と実需が混在するマンションを連想しがち。実際、投資向け住戸も混じっていると思った購入検討者から相談も受けた。「このような(投資で購入する人も多い)マンションはやめたほうがよいと言われた。本当にそうなのか」と。  おそらく、最初に相談を受けたアドバイザーは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日