行政

特集

【土地の有効利用特集】コンパクトシティ、持続可能な都市を形成、人口減、高齢化対応急ぐ

 国はコンパクトシティの推進に向けて動き出す。高度成長期以降に拡大した市街地のサイズを、少子高齢化型の社会に合わせるのが狙いだ。今国会に都市再生特別措置法、中心市街地活性化法の改正など関連法案を提出。さまざまなインセンティブで商住集積を図る一方、市街地を拡散する開発に対しては許可の対象とするなど“アメとムチ”を使い分ける。今国会ではこのほか、社会問題としてクローズアップしている空き家問題に関する法 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日