賃貸管理

特集

【土地の有効利用特集】賃貸併用需要が急増、相続税強化で課税対象倍増

 15年からの相続税改正で課税対象者がこれまでの倍に増えると言われる。地価の高い首都圏では、特別な富裕層でなくても対象になる人が多くなると見られる。その対策として賃貸併用住宅の需要が増えている。大手住宅各社は相次ぎ対応商品を発売し、販売に力を入れる。 ●大手住宅、相次ぎ対応商品発売  相続税は現行制度の基礎控除額「5000万円+相続人1人につき1000万円」が、15年1月から「3000万円+相続 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日