賃貸管理

特集

【土地の有効利用特集】貸家の供給圧力強まる、消費増税控え駆け込み増

 土地活用や節税対策として、賃貸住宅に注目が集まっている。供給過多が叫ばれながらも、新築物件の増加はとまらない。賃料を抑えたり敷金・礼金をゼロにする従来の手法では入居者獲得が難しくなっている。入居者のニーズを探り、さまざまなコンセプトで差別化を図る対策が活発だ。  国土交通省が発表した2013年の「持家、貸家、分譲マンションなど」の新築住宅着工戸数は、前年から2けたの伸びを示した。  景気回復に加 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日