その他

連載

DATA読解、1月の住宅着工戸数、首都圏でマンション増加

 国土交通省が発表した1月の住宅着工戸数は、前年同月比12.3%増の7万7843件だった。17カ月連続の増加。消費の回復で持家、貸家、分譲住宅それぞれ堅調に推移している。  圏域別では、首都圏のマンションが同32.5%増と高い増加率を示した。東京で同50.1%増、千葉で同522.6%増となったのが要因。いずれも100戸を超す大規模物件が寄与した。  京都もマンションの着工が同1580.6%増と大幅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日