行政

その他

建築基準法改正、法案を閣議決定、政府

 政府は7日、建築基準法の一部改正案を閣議決定した。一定の要件を満たした大規模木造建築物(3000平方メートル以上)を認めるほか、構造計算適合性判定の見直しなど建築確認手続きの合理化を図ることなどが柱。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日