行政

その他

国土調査計画、見直しを議論、災害、財政状況を反映

 国土交通省は、2020年までの国土調査計画を見直す。東日本大震災や高齢化の進展など社会情勢の変化を踏まえた内容にする。  10年に策定した調査計画では、20年までに2万1000平方キロメートルの地籍調査を終了することなど具体的な数値目標を掲げている。ただ、所有者の協力が得られなかったり、調査を行う自治体の予算、人的制約がハードルとなって12年度末時点の地籍調査の進捗状況は15.1%にとどまる。特 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日