分譲, 不動産流通・売買・仲介

その他

市場に客足戻る、大型分譲は即完、液状化から3年新浦安の今

 東日本大震災は首都圏にも大きな爪あとを残した。中でも甚大な被害を受けたのが屈指の人気住宅街として知られる千葉県の新浦安地区。一時は地価下落が危ぶまれたが、昨年には震災後初となる大型分譲が平均7000万円超という価格をものともせずに即完。中古マンションも客足、価格ともに震災前の水準に戻りつつあるなど不動産マーケットは着実に回復している。 ●震災後1年は停滞  東日本大震災では新浦安地区の広い範囲 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日