行政

その他

国交省、持続的発展へ都市集約、新しい国土ビジョン骨子

 国土交通省が検討を進めている新たな「国土のグランドデザイン」の骨子が明らかになった。人口が1億人を下回る2050年を視野に入れ、拠点のコンパクト化とネットワーク化を進めることで持続的に発展できる国土づくりを目指す。  骨子は、50年には急激な人口減少・高齢化が進むほか、巨大災害やインフラの老朽化に対する懸念が高まると指摘。新興国の成長による産業の空洞化、食料・エネルギー制約など外部環境の変化が国 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日