行政

その他

厚労省全国でモデル事業、空き家活用のケア

 厚生労働省は、低所得の高齢者を対象としたケア付き賃貸住宅の普及を目指す。社会福祉法人やNPOが主体となり、住まいの紹介と見守り・相談などの生活支援サービスを一体で提供する。地域の家主・管理会社と連携し、住み手がいなくなった戸建てや賃貸住宅を活用することで家賃を抑える。来年度から全国16カ所でモデル事業を実施する。 ●低所得の高齢者対象に  高齢者を対象としたケア付き住宅としては、有料老人ホーム ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月10日