分譲

その他

消費増税後の影響、みずほ証券チーフ不動産アナリストに聞く分譲住宅市場、石澤卓志氏、高額帯中心に新築・中古は堅調

 消費税の増税が目前に迫っている。4月1日に現行5%から8%に引き上げられるが、足元では住宅ローン減税の拡充やすまい給付金といった住宅購入の支援策を受けて8%適用の新築分譲マンションの販売は堅調に推移している。だが、2015年10月には8%から10%の増税を控えて楽観は禁物との声も少なくない。増税に伴い新築と中古を天秤にかけている消費者が中古マンションを選択するケースに期待する不動産仲介会社や住宅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月3日