不動産流通・売買・仲介

その他

個人投資家の物色衰えず、相場以上でも東京湾岸買う、富裕層の資産防衛需要も、収益サイトの健美家倉内敬一社長に聞く

 個人投資家の不動産売買が活発だ。アベノミクスに加えて2020年東京五輪開催が決まったことで物件の物色が続いており、中古マンションを投資目的で購入する一般消費者も増えている。収益物件サイト運営の健美家(港区)によると、重複をカウントしない1カ月間のサイトへの訪問者数は今年1月に27万人ほどに達して過去最高を記録した。実際の成約件数も急増しているという。倉内敬一社長に首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月3日