その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、かねの座

 伊勢神宮の式年遷宮は20年に1度執り行われるのですが、今回は「米の座」(向かって右の神殿)から「金(かね)の座」(左の神殿)への移転となります。「米の座」の時は世の中は平穏で、「金の座」になると社会全体が活発になってくるとのこと。経済も発展するのですが、戦争の勃発などは金の座の時が多いのだそうです。  経済的には「米の座」はデフレ、「金の座」はインフレということになるのかもしれません。「失われた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月3日