不動産証券化

その他

投資・資産運用・賃貸経営、不動産デリバディブ、プロ投資家のリスク回避手段、市況回復で再び注目も

 2010年3月に「金融庁における法令適用事前確認手続」で、銀行やその子会社が不動産インデックスを参照指標とする差金決済型の不動産デリバディブ取引が事実上解禁となって注目を浴びたが利用が進んでいない。リスクを移転する証券化と並びリスクをヘッジする意味合いが強い不動産デリバティブに対する潜在的なニーズはあるが、リーマン・ショックを受けデリバディブ活用に向けた流れが止まった。市場参加者の“強気と弱気” ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月3日