その他

連載

害虫コンサルタント・紅谷 一郎の住まいとビルの害虫カルテ(5)/進入する家ネズミ/管理の不手際が…

《家ネズミの被害》\n 秋から冬にかけて、家の中にネズミが出るので駆除してほしい、という相談が増える。市街地や下町で、住まいやビルに侵入し生息するネズミは、主に「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」だ。この3種をまとめて「家鼠(かそ・いえねずみ)」と呼ぶが「イエネズミ」という種が存在するわけではない。\n 人が生活する空間にネズミが出没すると、糞尿や寄生虫(イエダニ)をまき散らし、虫咬症や食 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日