行政

その他

建築基準制度見直しで答申、社資審

 国土交通省の社会資本整備審議会(会長=福岡捷二・中央大学研究開発機構教授)は2月25日、今後の建築基準制度のあり方について太田昭宏国交相に答申した。  木造建築関連基準の合理化、効率的かつ実効性ある確認検査制度の構築などを求めた。国交省は答申を踏まえ、今国会に建築基準法改正案を提出する。  改正案には、一定の要件を満たせば3000平方メートル以上を超す木造建築物を認める▽構造計算適合性判定(適判 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月3日