その他

連載

2014年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、米国の賃貸市場に見る今年のトレンド、空室率は低下、投資資金も流入

 2月初旬の東京滞在では、アベノミクス効果と東京オリンピックへの期待が重なり、久しぶりに街行く人に活気を感じた。もっとも4月から始まる8%への消費税率引き上げによって、消費の落ち込みが懸念される。一方、米国でも財政難に苦しむ地方自治体では、新規不動産登録税の導入などを検討している。支持率に陰りが見え始めたオバマ政権の下、量的緩和策の縮小を本格化させるべく就任したイエレン連邦準備制度理事会(FRB) ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年2月24日