住宅金融機構・都市機構

公庫基準金利/2・60%に引き下げ

 住宅金融公庫は、基準金利を現行の2・70%から2・60%に引き下げる。\n 公庫の調達原資である財投金利が1・8%から1・7%に引き下げられたのに伴うもの。\n 改定後の金利は、現在実施中の15年度第4回受付の開始日、11月21日から適用される。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月25日