不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(480)/収益不動産で目立つ/新宿のビルでも取下げ/開札直前の取下げ

 このたび平成16年度の東京地裁期間入札実施予定が発表されたが、これによると来年の1月から12月までの期間における開札回数は40回未満となる模様で、今年に比して10回近く少なくなりそうだ。1回の開札対象物件数にもよるが、おそらく対象物件数は減少すると思われる。東京地裁における不良債権処理は、いよいよ峠を越えたと言えそうである。しかし他方、先般、足利銀行が破綻したが、これに伴い競売申立てが増加するこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月25日