賃貸管理

連載

CPM 新たな局面へ(2)/03~04年IREM総会同行記/来春、新団体を始動/CCIMと提携が具体化

 テーブルを囲んだJREM会員などからホッという息がもれたのは、日本にCPMを定着させる―この一途な思いから、多いときには年に数回訪米し、日本の不動産業の存在をアピールしてきた努力が報われる時が来たからだった。\n 話し合いは、日本支部の設立時に、JREMという団体をどうするのか。新支部は、JREMの活動内容を踏襲すればいいのか、という未来図に及んだ。\n 将来設計は、普通ならばさまざまな意見が飛 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月25日