ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(289)/基本仕様の概念棄てたアイフルホーム/強まる脱規格化/顧客本意の住まいづくりへ

 住宅フランチャイズのアイフルホームテクノロジーは来年創業20周年を迎えるのを機に新しい販売手法を導入する。従来の基本仕様・基本本体価格という概念を棄てて住む人本位の住まいづくり手法「カスタムプロデュース・ハウジングシステム」を構築した。\n 住宅を基礎、スケルトン、デザインエントリーに区分し、デザインエントリー部分をオーダー方式に転換する。新しい販売方式を導入する背景は主力商品「パラス」の販売状 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月25日