ハウス・住設

その他

最も重視した性能表示項目は「構造の安定」―住宅保証機構調べ

 住宅建設にあたり最も重視した項目は「構造の安定に関すること」―(財)住宅保証機構が住宅性能保証制度を利用した消費者62名を対象に調査したところこのような結果が分かった。トップの「構造の安定」は72.6%、次いで「空気環境」43.5%、「劣化の軽減」40.3%だった。\n 一方、同制度を初めて利用した建設業者78社に「取り組んで良かったと思う点は」と聞いたところ、トップは「性能に関する内容を理解で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月25日