行政

その他

「新銀行東京」/「東京発」で金融改革/都民の資金 地域に還元/17年4月開業へ

 東京都は、行政主体で創設する「新銀行東京」(仮称)の枠組みをまとめた。都民の資金を地域経済に還元し、東京の経済再生と都民生活向上を図る「東京発金融改革」をうたい、地域密着型の業務を展開。都は16年度予算で1000億円の出資を予定しており、17年4月の開業を目指す。\n 新銀行は、開業後2年間を顧客・収益基盤の確立に費やし、その後2年間で事業を拡大。将来的には、異業種との連携などにも取り組む。\n ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月18日