団体

その他

税正改正実現を/宅議連と全政連が合同総会

 宅地建物等対策議員連盟(綿貫民輔会長)と全国不動産政治連盟(藤田和夫会長)は12月3日、港区の赤坂プリンスホテルで合同総会を開催。石原伸晃国土交通大臣をはじめ、衆参両院の国会議員や会員各社の代表など約450人が集まった。\n 話題の中心はやはり今年度の税制改正の行方。冒頭に挨拶した綿貫会長は「日本経済の不況の元凶となっている、不動産デフレの解消へ向けて、住宅ローン減税の延長・拡充、固定資産税の見 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月18日