分譲

連載

ワンポイント時評(973)/今年の分譲市場総括(2)(マンション)/目立った商品企画の下方調整/04年市場の最重要課題に

 03年のマンション市場は、契約率を例に取ると前年以上に厳しくなったことはほぼ確実であり、発表される数字より12~13%程度低いというのが業界の一般的な見解になっている。その主因を考えてみたい。\n 長引く不況などマクロなマイナス要因はさておき、供給サイドにおける問題点を分析する必要がある。まず指摘しなければならないことは、01年後半から表面化した建築費の上昇に対応して、マンション価格が“高ネット ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月18日