その他

連載

Why not?(170)/原状回復義務(2)/賃借人が費用負担の契約/説明十分に内容理解の上

 前回は、建物賃貸借において、何故、賃貸人が、原則的に自然損耗、経年劣化部分の補修費用を負担しなければいけないのかということを説明いたしました。\n 極端な例ですが、仮に、鉛筆を賃貸したとして、賃貸期間中の鉛筆の使用により、鉛筆の塗装部分は剥がれ、芯が減り鉛筆が短くなります。そのような使用収益の対価として、賃借人は賃料を支払います。鉛筆の賃貸借が終了する際に、原状回復義務として借り主が、借り始めた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月18日