その他

連載

害虫コンサルタント・紅谷 一郎の住まいとビルの害虫カルテ(3)/秋のスズメバチ(下)/被害と、その駆除

■被害と手当て\n\n スズメバチは攻撃性が強く、巣を脅かした場合には激しく攻撃してくる。刺すときは、止まって脚や口で体を支えてから、腹部を曲げて刺す。針は産卵管が変化したものだ。スズメバチの針には、ミツバチと違って返し(釣り針のように抜けにくくするトゲ)がないので、何度も繰り返し刺す。\n 頭や払った手を刺される被害が多く、スズメバチは、黒いもの、動くもの、化粧品などの芳香に反応するようだ。刺さ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月18日