行政

社説

大詰めを迎えた税制改正

 平成16年度の税制改正大綱が大詰めの段階を迎えた。政府は、16日にも決定する意向だが、それに先駆けて、住宅・不動産業界では、去る11月27日にキャピタル東急で「住宅・土地税制改正実現総決起大会」が行われた。\n バブルが崩壊して12年余の歳月が流れたが、依然として地価の大幅な下落による資産デフレに歯止めがかかっていない。こうした状況下で、住宅・不動産業界の事業環境は悪化の一途を辿り、経営難で倒産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月18日