開発, 分譲

連載

ワンポイント時評(972)/今年の分譲市場総括(建売)(1)/商品企画の向上、価格下落で/再活性化の兆し顕著

 今年の首都圏分譲住宅市場も11月末で販売はほぼピリオドを打った。今号から3回にわたり今年の総括をしたい。まず、建売住宅市場に関して言及する。マンションに比べると、筆者の建売住宅現地取材は20件程度と少ないので、総括をする資格がないと言われるかもしれないが、そこは大目に見ていただきたい。\n 最初に指摘しておきたいのは、建売住宅市場に再活性化の兆候が見えてきたことだ。ご承知の読者も多いと思うが、首 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日