その他

連載

害虫コンサルタント・紅谷 一郎の住まいとビルの害虫カルテ(2)/秋のスズメバチ(上)/急に動くのは危険

 十月の夕方、近くの学校の事務局から「生徒がスズメバチに刺された。どうしても今日中に駆除してほしい」と電話が入った。刺された生徒は救急車で病院に運ばれたが、無事とのこと。\n 当社オペレーターが現場に急行したところ、学園敷地が道路に面したフェンス際の植栽の中に、ラグビーボール状をしたスズメバチの巣を確認した。\n スズメバチの巣の出入り口は一カ所で、一度に一、二匹しか通れないくらい小さく、だいたい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日