ハウス・住設

その他

ビッグフット/都市型スロープを提案/在来木造を発売

 ログハウス最大手のビッグフット(渋谷区、二木浩三社長)は、同社初となる在来木造住宅商品「ワンダーデバイス」を来年1月に発売する。「ラフ&スマート」をコンセプトに、団塊ジュニア世代を中心としたこだわりを持つ層を顧客対象に、全国で販売を行う。\n 「ワンダーデバイス」は、都市の街並みに似合うスマートなボックスタイプの外観に片流れ屋根を採用。室内は木にこだわり、無垢材のぬくもりを感じる床・壁、構造材の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日