不動産証券化

その他

売出し価格が50万円に決定/野村オフィスファンド

 12月4日に東証J―REIT市場に新規上場する首都圏オフィスビル型の野村オフィスファンド投資法人の一口当たり新投資口公募売出し価格が、50万円に決まった。発行口数は14万8200口、オーバーアロットメントによる売出しは4446口。売出し価格が確定したことで、同社では平成16年4月期(平成15年8月7日~平成16年4月30日)の業績を当期利益13億7700万円、一口当たり分配金9269円、平成16 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日