分譲

特集

【コンパクトマンション特集】各企業の取り組み(2)/タカラレーベン/機能性追求した空間づくり/技術の枠を結集―「池袋」

 ファミリー向けマンションに注力してきたタカラレーベンが、コンパクトマンション市場に参入した背景には、単身者、DINKSといった新たなニーズへの対応のほか、「超都心の土地も仕入れられるようになった」(営業推進課・横田千絵課長)という理由もある。同社が従来、仕入れてきた土地は埼玉や板橋、練馬が中心だったが、上場を機に神奈川、千葉のほか、都心もその範疇に入ってきた。「都心の場合、どうしても坪単価が高く ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日